奈良の注文住宅工務店

  • お問い合わせ
  • 資料請求

0120-137-147

トップ > エーティーエム建築の家 > 【遮熱シート+断熱材】が理想の断熱方法

【遮熱シート+断熱材】が理想の断熱方法

断熱材の弱点を補強する「遮熱シート」をご存じですか?
日本の家には遮熱シートは必須です!
これで魔法瓶のような家になります。

断熱材には、熱を反射する性能はありません。熱を蓄熱してしまいます。
そのため、夏の夜、外は涼しいのに、家の中は暑いという現象が起こります。
これを遮熱シートが解決します!

断熱材には「蓄熱」という弱点がある!

断熱材イメージ断熱材は、その性質からゆるやかに蓄熱することで、屋外の気温を屋内に伝えないようにしています。

そのため、一般的な断熱材は、夏の昼間に蓄熱すると、夜間の室温は下がりにくくなるという欠点があるのです。

その逆に、冬には室内の熱が蓄熱されるので、室内の気温には影響がありません。

つまり、夏の熱負荷を断熱材に加えないことが重要です。

この夏の熱負荷を最大限に抑えるのが「遮熱シート」です。

遮熱シートには、アルミニウムが含まれており、高い赤外線反射率があることから、熱の放射を抑える特徴があります。
この特徴を活かして、夏の輻射熱を反射して涼しく、冬は屋外への熱の放射を抑え室内を暖かく保ちます。

しかも、長期間使用しても遮熱性、防水性の劣化が少ない強靭な建材となっています。
たとえ、真夏に通気層が50℃を超え、湿度が90%に達する厳しい環境になっても、無数に存在する繊維のすき間から湿気を逃がし、通気層内の湿気のこもりを防ぎます。

日本は、年々最高気温が上がっています。
年中快適な家にするために、断熱材だけでなく、遮熱シートにもこだわってください。

当社は、こだわった結果、数ある遮熱シートの中から最も良いモノを選びました。
実際の現場でも見られますので、ぜひ現場までお越しください。

ここまでこだわった結果、このような断熱性能になりました

外皮断熱性能
Ua値
隙間相当
C値
日射取得率
nA値
備考
エーティーエム建築 0.43 0.64 1.3 C値は実測平均値

外皮平均熱貫流率Ua値だけ見ても、北海道レベル以上の断熱性能です。

  • Ua値とは、外皮平均熱貫流率で外へ逃げていく熱の少なさを表しています。
  • C値とは、家全体の隙間相当面積を1平米あたりで表しています。
  • ηA値(イータA値、平均日射熱取得率)とは、住宅に侵入する日射量を表しています。
  • Ua. ηa値は、葛城市s邸実績(標準施工)です。

※いずれの値も小さい方が性能が高いということです。

当社の住宅性能はこちらでご確認いただけます。

「家づくりガイドブック」全て無料プレゼント!

どの小冊子も家づくりのコツやノウハウが満載です。もちろん、『資産になる家』にするための正しい知識を身につけて、得して、豊かになれる資料も無料です。売り込みや訪問営業などは一切おこないません。安心して資料をご請求ください!お待ちしております!

どうぞ!遠慮なく資料をご請求ください!

今すぐ資料を請求する!

このページの先頭へ

このページの先頭へ