奈良の注文住宅工務店

  • お問い合わせ
  • 資料請求

0120-137-147

トップ > 得する知識 > 誰も言わない住宅業界での値段の秘密

誰も言わない住宅業界での値段の秘密

経験が少ない「家づくり」だからこそ気をつけて!
価格明瞭でない坪単価表示の秘密をお伝えします。

“住宅業界の常識”は、あなたにとって非常識。
これが住宅業界の秘密です!

代表イメージ私たちが取り組むローコスト住宅への考え方を知っていただくために、『誰も言わない住宅業界での値段の秘密』をお話します。

私たちが建てているSE構法は、そのまま建てたら、通常の在来工法よりは値段は高くなります。木造で鉄骨同様の強度を実現する材料を使いますから、当然です。

しかし、私のポリシーは、いいものは一般の人たちに普及しないといけないということです。

だから、できるだけ安く提供したいと考え、見積もりの規格化や材料の一括仕入れなど、ローコスト住宅の手法を取り入れています。

このローコスト住宅の考え方を知るためには、住宅業界での値段の秘密を知っていただかなければいけません。

大事なことですので、最後までお読みください。

1. 価格表示は、住宅会社が自由に表示しても良い

実は、住宅価格の表示方法には決まりがありません。
しかも、その価格では住める状態にならない家の本体価格を提示しても良いのです。
ふざけた話だと思いませんか?

でも、これが事実なのです。

建築費用イメージ一般の住宅会社の場合、「坪単価」で表示される場合が多く、例えば「坪単価30万円」などという表示があります。

そして、この価格は建坪が大きくなると安くなります。
「坪単価25万円」という広告を見て工務店を訪ねてみると「50坪以上でないとこの単価にはなりません。」と言われたと、しばしばお聞きます。

さらに、坪単価は本体価格であり、バルコニーや収納・外回り設備・照明・カーテン・コンセントプラグの追加などがオプションとなる場合が多いのです。
中には、基礎工事や雨樋すら別料金だという場合もあります。

実際にかかる金額は仕方がないとしても、それだけでは住める状態にならない本体価格だけを表示して、諸費用も含めた「すべての価格」を契約前に明らかにしない住宅会社だけは、絶対に選んではいけません。

契約前に、「引き渡しまでに実際に支払う価格」をきちんと丁寧に説明してくれる住宅会社を選んでください。

2.見積もり金額がどんどん上がる

価格表示を偽る住宅会社の場合、往々にして「最初に聞いた金額と引渡し価格が違う」というトラブルを引き起こします。理由は1のとおりです。

それとは逆に、最初は”コミコミ価格”で表示していたけれど、最終的に何百万も安くして「お得感」を演出する場合もありますので、慎重に説明を聞いてください。

3.欠陥住宅は欠陥設計士がつくる

設計イメージ力量がない設計士が建てた家は欠陥が出てくる・・・という話ではありません。
実は、テレビなどで放映されているひどい欠陥住宅は、ほとんど存在しないのです。

「まさか・・・」と思われるかも知れません。
だって、インターネットで「欠陥住宅」を検索してみると、74万件以上のページにヒットしますよね。

実は、この裏には、仕事のないごく一部の設計士が「欠陥」を煽って仕事にしているという実情があるのです。

また、2000年以前の住宅は、ほとんど「既存不適格建築物」ですから、これも現在では「欠陥住宅」とも言えます。

4.建築中の家を見せない

見学不可イメージこれは建築業界の常識になっています。
なぜ、そうなったのか?
それは「見せない方が、都合がいい」からです。

施主すら建築の経緯を見られないなんて、そもそも間違っていますよね。

建てている家は、いったい誰の家でしょうか。
「危険ですから」とか、「そういう決まりです」などと理由をつけては見学者を遠ざけ、いったい何が行われているのか?

いずれにしても、こうした住宅会社・工務店は、あなたの家を建てるのにふさわしい会社といえません。

“業界の常識”

こんなことをいつまでもしている住宅業界は、残念ながらまだまだ安心して何もかも任せられる業界ではないのです。

ましてや、超長期優良住宅(200年住宅)なんて、夢のまた夢かもしれません。

「家づくりガイドブック」全て無料プレゼント!

どの小冊子も家づくりのコツやノウハウが満載です。もちろん、『資産になる家』にするための正しい知識を身につけて、得して、豊かになれる資料も無料です。売り込みや訪問営業などは一切おこないません。安心して資料をご請求ください!お待ちしております!

どうぞ!遠慮なく資料をご請求ください!

今すぐ資料を請求する!

このページの先頭へ

このページの先頭へ